Ravit

30代男性のRavit体験談を公開!6ヶ月使ってたどり着いた先とは

みなさん、こんにちは。

DEAI+ナビゲーターのKenjiroです。

みなさんはRavitというマッチングアプリを使っていますか?

Ravitは、2018年12月にリリースされた比較的後発のマッチングアプリにもかかわらず、結婚・交際報告数が業界No.1になったことで注目されています。

さらにRavitは他のマッチングアプリにはないAIエージェントの機能を搭載した、国内最先端のマッチングアプリという点でも有名です。

しかし革新的なマッチングアプリだからこそ、以下のようなことをみなさんは知りたくなるようです。

 

「Ravitでの出会い方を知りたい!」

「Ravitで交際相手を探したい!」

「Ravitって実際どんな感じなの?」

「実際にRavitを使った感想・体験談を教えて欲しい!」

 

Ravitを使っている、またはインストールを検討中の方で、Ravitでは実際にどのようにしてお相手と出会うのか知りたいという方のために、本日はDEAI+ナビゲーターのKenjiroが実際にRavitを使ったときの筆者の体験談をお伝えする形で解説します。

<この記事の要点>

・印象の良くないプロフィール写真を設定しないように注意すること
・LINE交換をすぐに打診すると、詐欺などの業者だと思われるリスクがある
・戦略的にRavitを使用すれば出会える

この記事に登場するRavitの専門家

【略歴】

今年36歳の都内のサラリーマン。
とある外資系IT企業で法人営業とマーケティングを担当しながら、15個以上のマッチングアプリを平行して使用。
2年間、大学時代に学んだ恋愛心理学を駆使しながらマッチングアプリを使用した結果、マッチング数は年間で600人以上に達した。
年間100人以上の女性とデートを重ね、2020年6月に見事ゴールイン。
「恋愛心理学を駆使して、マッチングアプリを戦略的に使用すれば、必ず意中の人とマッチングしゴールインするまでのスピードを早めることができる」と常に公言しているKenjiroは、自身の知識と経験を多くの人に伝える目的でマッチングアプリ専門メディアである「DEAI+」の運営を開始。
マッチングアプリの基本的な使い方、恋活・婚活に役立つ恋愛心理学を応用したマッチングアプリの使い方やデートでスマートにお相手の気を引く方法などについて情報配信する。

序章:Ravitに登録するも全く出会えない1ヶ月

マッチングアプリを日々研究している筆者ですが、Ravitに初めて登録したときは右も左も分からない状況でした。

AIエージェントが筆者好みのお相手を紹介してくれる機能や、「今日会えるお相手」を探せる機能もあり、「これは出会えるかもしれない」と思い課金することを決めました。

しかし、最初の1ヶ月は全く出会えず解約してアンインストールすることも考えたのですが、3ヶ月プランを課金していたため残りの2ヶ月は全力を尽くすことを決めました。

第一章:全てを刷新し、14人に出会えたそのポイントとは

Ravitの有料会員に課金しましたが、その後1ヶ月間全然マッチングできませんでした。

マッチングしてもデートをしよう!という話までなかなか発展せず、悔しい思いをしながら日々過ごしておりました。

そこで、お相手とマッチングしてデートに行くまでのプロセスを全て刷新することにしたのです。

その結果、Ravitだけで3ヶ月間で14人とのデートに成功しました!(その後、軌道に乗り、年間で100人以上とデートできるレベルに至ったわけです)

具体的に刷新したポイントは以下です。

・プロフィール写真を好印象なものに刷新した
・自己紹介文をより詳細に書き換えた
・プロフィール項目を全て埋めた
・200人以上の男性から「いいね!」を受け取っている女性には「いいね!」しないようにした
・LINE交換やデートへのお誘いは、メッセージを重ねてお相手からの信頼を勝ち取ってからにするようにした

一つずつ見ていきます。

プロフィール写真を好印象なものに刷新した

全然マッチングしなかった1ヶ月間の筆者のプロフィール写真の特徴は主に以下の4つでした。

・猫背で、髪型が整っていない
・上半身裸の写真をサブ写真に使っている
・加工した写真を使っている
・トイレの鏡の前で撮っている

猫背で、髪型が整っていない

自分のプロフィール写真のどこが悪いのかが分からなかったので、最初は恥ずかしい気持ちが強かったのですが、友人に筆者のプロフィール写真を見てもらうことにしました。

その際に指摘されたのが、猫背と髪型でした。

このように自分では良いと思っているプロフィール写真でも、自分以外の人が見ると印象は全く異なることがあります。

マッチングしないことで悩んでいるみなさんは是非、知り合いなどに見てもらって客観的な視点を是非取り入れてみてください。

上半身裸の写真をサブ写真に使っている

当時筋トレに注力していたため、その成果をアピールしようと思い、上半身裸の写真をプロフィール写真に使っていました。

これは絶対にNGなプロフィール写真の代表格です。

上半身裸の写真が女性に与える印象は、「不潔」、「ヤリモクっぽい」の2つです。

この印象でマッチングするわけがありませんよね。

Twitterにもこんな声が寄せられていました。

毎日コツコツ努力した証として誠実な性格をアピールしたつもりだったのですが、逆効果だったのです。

加工した写真を使っている

若い女性の受けを狙い、snowなどのアプリを使って加工した写真をプロフィールにしていた時期もありました。

これでは筆者の顔がお相手に伝わらないため、マッチングにつながらないという結論に至りました。

実際に加工した写真を無加工の写真に差し替えた結果、お相手から「いいね!」がもらえるようになりました。

トイレの鏡の前で撮っている

筆者のプロフィール写真もこれに近いものがありました。

トイレでの写真がお相手に与える印象はやはり「不潔」です。

交際相手を探している際ときに、トイレの写真を見せられることは食事中に汚い話をされることと同じことです。

気をつけましょう。

自己紹介文をより詳細に書き換えた

自己紹介文を書き換える前は、「履歴書」のような自己紹介になっていました。

閲覧したお相手には自分の経歴は伝わるかもしれませんが、これでは極めて表面的な内容しか伝わりませんよね。

ここに、自分の性格が分かるような文言を入れなければなりません。

具体的には、簡単なエピソードを入れて自分の性格を伝えるようにしてみました。

以下の変更前と変更後の文言をご覧ください。

変更前:性格は、周りからは真面目だと言われます。

変更後:営業の仕事をしておりますが、お客様の問題を解決して商品を販売した結果お客様に感謝されたときはいつも「頑張って良かった…」と涙が出そうになります。

変更後の方が明らかに人物像が伝わるのではないでしょうか?

もし、自己紹介文で悩んだら、性格を書く際には、オリジナルのエピソードを交えて書くことがおすすめです。

プロフィール項目を全て埋めた

プロフィール項目を全て埋めました。

女性会員が男性を検索する際、「年収600万円以上・滋賀県在住・一人暮らし」などとプロフィール項目を入力して男性を探します。

検索条件=プロフィール項目」なのです。

お相手の求める検索条件にあなたが該当していても、あなたのプロフィール項目が空欄だった場合、お相手の検索結果にあなたのプロフィールは表示されません。

マッチングアプリ1年生
これは非常にもったいないですよね。
機会損失を防ぐためにも、プロフィール項目は絶対に全て埋めましょう。
DEAI+ナビゲーターKenjiro

200人以上の男性から「いいね!」を受け取っている女性には「いいね!」しないようにした

筆者は初め、Ravitにいる超美人さんばかりに「いいね!」を送っていました。

しかし、当然のことながら、人気な女性会員にはライバルが多いです。

特に200人以上の男性から「いいね!」を受け取っているということは、200人以上のライバルがいるということになります。

絶えず「いいね!」とメッセージが来ている状況なので、このようなお相手に「いいね!」してもマッチングしないことに気づきました。

そこで筆者が美人さんを検索する際は、「登録日が新しい順」に条件を設定し、まだ登録したばかりで「いいね!」が集まっておらずライバルの少ないお相手に「いいね!」をすることにしたのです。

LINE交換やデートへのお誘いは、メッセージを重ねてお相手からの信頼を勝ち取ってからにするようにした

筆者がマッチングしたお相手とメッセージが続かなかったときは、お相手との距離を縮める目的ですぐにLINEの交換を打診していました。

しかし、この行為がとんでもない誤解を招く可能性があるのです。

最近は「マッチング直後のLINE交換の打診=詐欺」といった風潮もありますので、丁寧なメッセージのやりとりをしてデートの約束をした際にLINE交換のお誘いをしましょう。

第二章:今でも忘れられない3人とのデート

Ravitだけで3ヶ月で14人とのデートに成功した筆者ですが、今回はその中でも忘れられない3人の女性とのデートについてお伝えします。

今でも忘れられない3人は以下です。

・【ゆるふわ可愛い系】31歳生命保険会社事務員
・【グラマラス系】大型の国立病院で働く29歳看護師
・【スレンダー系美人】空港勤務の33歳グランドスタッフ

一人ずつ見ていきます。

【ゆるふわ可愛い系】31歳生命保険会社事務員

一人目は、ゆるふわ可愛い系の石原さとみ似の女性です。

大手生命保険会社で事務をやっている方でした。

この女性とはマッチングして2日くらいでLINE交換できました。

しかし、デートの際当時の筆者はとても緊張してしまい、うまくコミュニケーションを取ることができず、2回目のデートをLINEでお誘いした時点で未読スルーになってしまいました。

【グラマラス系】大型の国立病院で働く29歳看護師

二人目は、東京の中心の大型国立病院で働くグラマラスな看護師でした。

この女性は非常に積極的で、マッチングして1週間ほどで会うことになりました。

看護師をしているだけあって動きがテキパキとしていて良い人でしたが、結婚を前提にお付き合いしたいとのことでした。

当時の筆者は婚活ではなく恋活目的でRavitを使っていましたので2回目のデートのお誘いはしませんでした。

【スレンダー系美人】空港勤務の33歳グランドスタッフ

三人目は、都内の空港でグランドスタッフとして働くモデル体型の女性です。

この人は、かなり慎重な性格だったため丁寧にメッセージを重ねました。

初デートは品川で軽めのイタリアンにランチで行きました。

写真ではそんなに美人ではなかったため、あまり期待していなかったのですが、実物は筆者のタイプど真ん中だったのです。  

マッチングアプリ1年生
え、どうなったのですか!Kenjiroさん!

続きは次の章でお話します。
DEAI+ナビゲーターKenjiro

最終章:理想の彼女と結ばれる

上述の三人目のグランドスタッフの女性と交際することに成功しました。

お相手が慎重な性格だったので変な目的だと思われないよう、ランチを中心にデートを重ねました。

デート中に意識したことは、次の2つです。

・誠実であること(たとえ下心があったとしても隠すこと)
・常にお相手の求めるものを考えて提供すること(食べたいもの・行きたい場所・話したい話題など)

このようなことを意識してデートを重ねた結果、5回目のデートで告白した結果、無事OKをもらいお付き合いできることになりました。

デート中にはお互いにたくさんの共通点があることが発覚しました。

好きな食べ物や価値観も共通していて、さらには筆者の将来の目標にまで共感してくれたのです。

まさに理想の彼女にRavitで出会い、交際することができました。

マッチングアプリ1年生
Kenjiroさん、僕、めちゃめちゃ感動しました。僕も頑張ります!

Ravitで頑張れば、良いことがあります。私がいつも言っていることを是非実践してくださいね。
DEAI+ナビゲーターKenjiro

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、Ravitを使って彼女ができた筆者の体験談をお伝えしました。

この記事に書いてある体験談を通して、Ravitでお相手とマッチングしてデートする方法とRavitにはどんな女性がいるのかを解説しました。

Ravitは、真剣な恋活・婚活のためのマッチングアプリなので、交際相手を探しているみなさんにはおすすめです。

是非、Ravitで素敵な出会いを掴んでください。

-Ravit

© 2020 DEAI + Powered by AFFINGER5